米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

経済指標に対する米債市場の感応度が低下している。米サプライマネジメント協会(ISM)の景況感指数は市場で特に注目されている経済指標だが、製造業指数(1日発表)の下振れや、非製造業指数(5日)の上振れに対する米債市場の反応は鈍かった。「米連邦準備理事会(FRB)のスタンスは当面変わらない」(投資顧問)と見られているためだろう。

FF金利先物2020年1月物の金利(グラフ青)は、おおむね市場が想定する19年末の政策金利と考えることができる。その金利は18年12月下旬以降、ほぼ現在の政策金利の範囲(2.25~2.50%)で推移しており、市場は19年内に政策金利の変更がないことを織り込んだ状態にある。

米10年金利(グラフ赤)はFF金利先物との連動性が高い。政策金利の見通しに変化がなければ、10年金利は2.6%台後半を中心としたレンジで推移する可能性が高い。8日には米雇用統計が発表されるが、よほど大きな振れがない限り、米債市場の反応は限られそうだ。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

  2. 証券営業の凄腕たち【Episode3】何度も対話、顧客回り5年半で地球9周分

  3. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  4. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  5. マイナス金利の日本国債に海外勢が群がる理由 1月も買い越し高水準

  6. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

  7. 大統領はおもてなし、議長はおもねりなし? トランプ・パウエル夕食会談の後味

  8. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP