EV出荷が減速、テスラのライバル急ブレーキ 中国ニーオ株21%安

6日の米国市場で中国の新興電気自動車(EV)メーカーである上海蔚来汽車(NIO、ニーオ)の米預託証券が急反落し、21.16%安の8.01ドルで終えた。2月22日以来、半月ぶりの安値圏に沈んだ。ニーオは高級EVを手掛け、テスラのライバルとして2018年9月に新規株式公開(IPO)を果たして話題を集めたばかりだった。


5日の大引け後に発表した2018年10~12月期(4Q)決算で売上高が5億1250万ドル、1株当たり損益(EPS)は0.50ドルの赤字となった。前年同期は開示していない。市場予想はそれぞれ4億9970万ドル、0.32ドルの赤字で、売上高は予想を上回ったが、EPSで予想よりも赤字額が大きかったことが警戒された。

4Q期間中に主力の多目的スポーツ車(SUV)である「ES8」を中国市場で7980台出荷した。2019年1月には1805台、2月には811台を出荷したというが、月間の出荷台数が予想よりも減速していることも警戒売りを誘った。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 減益決算でも自信の永守節は買い 日電産、車載モーターで回復へ

  2. 急坂を下るテスラ株、どこでブレーキかかるか 190ドル→10ドルの衝撃予想も

  3. あの時だれが米テック株を売ったのか 大口投資家の動向、SEC開示でじき判明

  4. 「何も上手くいかなかった」とアインホーン氏 強者ヘッジファンド最悪の2018年

  5. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  6. テスラ急騰、空売り専科シトロン「ロング」の論拠は

  7. 4000万ドルで「話は付いた」が…… テスラとマスク氏を待つ悪路また悪路 

  8. テスラ株急落 マスクCEO、SECへの「異論」のほどは

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP