資源大手ヴァーレ、鉱山ダム事故と幹部3人退任はESGで減点

4日の米国市場で資源大手のヴァーレの米預託証券(ADR)が大きく下げる場面があった。一時は前日比3.79%安の11.92ドルまで下げた。同社が保有する鉱山ダムで1月に発生した決壊事故を受けた暫定的な措置として、ファビオ・シュアルツマン最高経営責任者(CEO)など幹部3人の退任を発表し嫌気する向きが強まった。日中取引の終値は0.24%高の12.42ドルと持ち直したが、先行きに警戒する向きもある。

ヴァーレは1日に連邦・州検察当局から一部の幹部や従業員の解雇を通告され、1日および2日の取締役会で幹部3人が一時的な退任を決めたという。同社の発表を受けてジェフリーズ証券は4日付でリポートで「これまで明確だった戦略に大きな不透明感が生じる」と指摘した。そのうえで「ダム決壊に伴う修復や罰金や最終的なコストが不明であり、不確実性と潜在的なコストを考慮すると投資尺度の面で割安でもヴァーレ株を買うにはリスクがある」と言及した。投資判断は「ホールド」に据え置いた。

ESGレーティングをまとめている欧州系運用機関のアラベスクによると、ヴァーレの4日時点のESGスコアは60.42だった。1月下旬の66台から低下しており、特に「環境(Environment)」と「社会(Social)」の項目の下げが目立つ。「環境」は直近65.33と1月下旬の72台から低下した。「社会」も71台から58.39まで下落している。

アラベスクは欧州系のESG運用機関でESG評価システム「S-Ray」を用いてスコアを算出している。(中山桂一)

(出所:アラベスク S-Ray https://sray.arabesque.com/

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  2. 米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

  3. 2年10年より深刻、誤ったシグナル……米の逆イールドに慌て始めた市場

  4. アルツハイマー薬のバイオジェン29%安 エーザイとの臨床試験中止

  5. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  6. 株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

  7. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  8. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP