米製造業の景況悪化ぶり返し 指数マイナス、耐久財受注も市場予想下回る

改善の兆しが見え始めていた米国の製造業のマインドが急速に冷え込んできた。

21日にフィラデルフィア連銀が公表した2月の製造業景況指数は▲4.1と市場予想(14.5)を大きく下回り、2016年以来のマイナス圏に落ち込んだ。

同じ日に発表された18年12月の米耐久財受注額は前月比1.2%増と2カ月連続の増加となった。しかし、市場予想(1.7%増)には届かなかった。また、企業の設備投資の先行指標とされる「航空機を除く非国防資本財」(コア資本財)の受注は前月比0.7%減と2カ月連続で減少した。18年8月にマイナスとなって以降、10月のプラスを除いて減少傾向が継続している。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  2. 【朝イチ便利帳】21日 10月の訪日外国人客数、11月の米消費者態度指数など発表

  3. 【朝イチ便利帳】 25日  5月の都区部CPIや生保決算 4月の米耐久財受注額

  4. アルツハイマー薬のバイオジェン29%安 エーザイとの臨床試験中止

  5. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  6. 株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

  7. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  8. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP