薄氷のドイツ経済 景気指数さえず、金利「水没」観測の再燃も

ドイツの欧州経済センター(ZEW)が19日に発表した2月の独ZEW景気期待指数は▲13.4と1月の▲15.0からわずかに改善したものの、長期平均の22.4を大きく下回ったままだ(グラフ黒)。同現況指数は前月比12.6マイナスの15.0へと大きく低下した(グラフ黄緑)。ZEW会長は「現時点では、減速しているドイツ経済の急速な回復は予想されていない。特に製造業の分野が弱かった。今後6カ月間、この調査の金融市場専門家は何の改善も期待していない」と先行きに対して慎重だった。

直近のGDPは辛うじてマイナスを回避したが

(チャートはQUICK FactSet Workstationより)

14日発表の2018年第4四半期の独GDPは前期比ゼロ%とかろうじてリセッション入りを回避したが(棒グラフ黄色)、ドイツ経済に対する悲観的な見方が続くようであれば、マイナス成長懸念や現在0.1%程度の独10年金利のマイナス化観測などが再燃しそうだ。22日に発表される独Ifo経済研究所の企業景況感指数にも要注目だ。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  2. 【朝イチ便利帳】16日 QUICK短 ネトフリ、バンカメなど決算

  3. 外債投資うまみ薄れ、行き場失う生損保マネーは超長期債へ

  4. ヘッジファンドの帝王レイ様も推奨、NY金先物が6年ぶり高値

  5. 肌感覚ではアベノミクス前 閑散日本株、海外勢離れが止まらない

  6. 読み筋いろいろ思惑いろいろ 中国の米国債保有が2年ぶり低水準

  7. PER17倍台なら大丈夫? 米企業決算は下向き方向、株価まだ上向き方向 

  8. 株の取引きょうから「T+2」 18日は新旧ダブル決済

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP