エヌビディア決算は波乱なし 想定ほどでなかった「混乱と残念」

14日の米時間外市場で画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが急伸し、前日比9.10%高い168.60ドル近辺まで上昇する場面があった。14日の取引終了後に発表した2018年11~19年1月期決算は1株利益(EPS)が市場予想を上回った。1月末に同期間の売上高見通しの下方修正を発表していたが、想定ほど悪くないとの受け止めが広がった。

11月~1月期の売上高は前年同期比24%減の22億500万ドルだった。市場予想の平均(22億3600万ドル)を下回った。同社は中国の景気減速などから売上高を従来7%減の27億ドルを見込んでいたが、24%減の22億ドルに引き下げていた。上下2%の範囲で変動するとしていたが、ほぼ修正見通し通りで着地した。

純利益は前年同期比49%減の5億4700万ドル、EPSは48%減の0.92ドルだった。EPSは市場予想平均の0.62ドルを上回り、市場が懸念していたよりも業績が悪化していないとの見方が広がった。

決算と同時に発表した19年2~4月期の売上高見通しは前期比31%減の22億ドル。上下2%の範囲で変動するとするが、上限(22億4400万ドル)でも市場予想(23億2200万ドル)を下回る。粗利益率は58.8~59.0%の範囲から0.05%の範囲での上下の変動を見込むとした。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. あの時だれが米テック株を売ったのか 大口投資家の動向、SEC開示でじき判明

  2. 中国減速で「アウチ!」 エヌビディアまた衝撃、決算も株価も大荒れ 

  3. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

  4. エヌビディアショックまたも 決算発表後の時間外で急落、先行き警戒

  5. TI、SOX、FANG…恐怖指数VXN 駆け巡った半導体ショック 

  6. 米ハイテク株、軒並み急落 エヌビディアが7%安、テスラ8%安

  7. SOX指数が7日続伸 マイクロンやエヌビディアなどけん引

  8. ビットコイン急騰 買われた関連銘柄は? エヌビディア・・・

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP