【QUICK Forecast 企業業績】2期連続で増収増益見込みの情報・通信業

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を示すツール「QUICK Forecast企業業績」を提供している。今回は、2期連続で増収増益が見込まれる情報・通信業を選んで紹介する。①売上高と営業利益の今期・来期の予想が増収増益、②2つの来期予想が直近実績に対して50%以上増、③QUICK株価レーティングが1以上、の3条件で抽出した。

■SHIFT(3697)

ソフトウェアのテストが主力。人材リソースの提供にとどまらず、標準化された高品質かつ費用対効果の高いテストアウトソースを実現するソリューションサービスに強みを持つ。コンサルティングのサービスまで一貫で手掛ける。2005年9月設立。

今後の見通し(会社発表)
・主力のソフトウェアテストサービス市場規模は、年々拡大しており国内で5兆円規模と推定。一方で、アウトソーシングが進んでいないため、潜在的な成長機会の広がりを見込む。

 

■UUUM(3990)

動画投稿サイト「ユーチューブ」で広告収入を得る「YouTuber(ユーチューバー)」などをマネジメント。クリエイターの活動をサポートし、ともに様々なコンテンツを提供する「クリエイターサポートサービス」と、クリエイターと親和性のあるコンテンツの開発・制作を行う「自社サービス」を展開。2013年6月設立。

今後の見通し(会社発表)
・2019年1月11日に業績予想を修正。第2四半期累計期間までの業績上振れを加味した結果、通期でも売上高、すべての利益で前回予想を上回る見通しとなった。

 

■ラクスル(4384)

インターネットを活用した印刷や物流サービスを手掛ける。印刷・集客支援(広告)のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を展開。2009年9月設立。

今後の見通し(会社発表)
・2019年7月期は、プラットフォームの価値を高めるための再投資継続が最重要テーマに。その源泉となる売上総利益、および前提としての売上高は、前期比30%以上の成長をめざす。

 

※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】 15日  日銀金融政策決定会合の結果公表、6月のQUICK短観

  2. 【朝イチ便利帳】31日 ラクスル(4384)が新規上場 、G7財務相・中銀総裁会議

  3. 【朝イチ便利帳】23日 全国百貨店売上高、月例経済報告 米PMI速報値

  4. 【朝イチ便利帳】18日 リックソフトと東海ソフトの公開価格決定、米市場は休場

  5. 【朝イチ便利帳】15日 ブリヂストン決算、米消費者態度指数、中国CPI

  6. 【朝イチ便利帳】14日 10〜12月期GDP速報値、1月の中国貿易統計

  7. 【朝イチ便利帳】13日 東芝、リクルートなど約300社が決算 米・英CPI

  8. 【朝イチ便利帳】12日 日産、楽天、マックなど決算 FRB議長が講演

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP