孫氏の兵法「25-4=9?」 戦果は「G=10015」「SB=1270」

8日の株式市場でソフトバンクグループ(9984)株が逆行高し、約4ヵ月ぶりに1万円の大台を回復した。6日の大引け後に決算発表と併せて発行済株式数の10.3%にあたる1億1200万株(6000億円)を上限とする自己株式取得を発表。7日の17%高に続き、市場に与えた衝撃が続いた格好だ。

この日の終値は前日比0.53%高の1万0015円。午前中は1万0270円まで買われる場面もあった。

イラスト:たださやか

先日の説明会で孫正義会長兼社長は、自己株式取得の理由を「25-4=9?」とユニークな数式で説明した。ざっくりというとビジョンファンドなどの「保有有価証券25兆円」から「実質有利子負債4兆円」を差し引くと「実質企業価値21兆円」となるはずなのに、2月時点の時価総額が9兆円というのは少なすぎないか? というのが孫氏の考えだ。

自己株式取得の原資は通信子会社ソフトバンク(9434)の新規株式公開(IPO)で得た資金。取得する自己株式はすべて消却する方針だ。孫子の兵法ならぬ「孫氏の兵法」で発した株価上昇への強いメッセージが市場関係者の関心を集めたようだ。

ちなみにソフトバンクの株価は前日比2.75%安の1270円と、公開価格の1500円がまた一段と遠のいた。(山口正仁)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ソフトバンク、機関投資家の需要「国内2倍、海外3倍」 上場秒読み段階に

  2. 「親」か「子」か 「孫」が仕掛ける2兆6000億円のドラマ ソフトバンク12月上場

  3. 不明さ増した「2つのS」 テスラ、但し書き付の信用力回復 

  4. 上場間際ソフトバンクの強みと課題 香港の投資ファンドこうみる 

  5. 目標株価1100~1800円でバラつき さて、どうするソフトバンク投資家

  6. 本石砲の弾道「微修正」に思惑 ETF購入方針見直しで買われる銘柄、売られる銘柄

  7. 大型IPO、熱狂と成功体験は別物 悲嘆メルカリ&落胆ソフトバンク

  8. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP