イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

米連邦準備理事会(FRB)のジャネット・イエレン前議長が6日に米経済専門チャンネルのCNBCの「パワーランチ」に出演し、「世界経済の成長が鈍化し、米国経済に影響を及ぼし始めれば、次の行動は利下げになるかも知れない」との見解を示した。中国や欧州の景気減速が米国の景気に悪影響を与える恐れがあるとしつつ、「だが、(利下げか利上げか)両方の動きが可能だ」との見解も示した。

イラスト:たださやか

FRBは昨年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、四半期経済見通し(SEP)のドットプロットで2019年の利上げ回数を2回と見込んでいたが、今年1月のFOMCで利上げを一時停止する方針を示した。イエレン氏は「私も昨年12月に予測を求められていれば、年2回の数字を出していただろう」と述べ、パウエル議長率いる現在のFOMCの判断を尊重した。一方、バランスシート(B/S)の縮小を見直す手法について、債券の毎月の償還額に上限を設けつつ、残りを再投資する手法を提案した。イエレン氏は「ペンキが乾くのを見ているのと同じです(watching paint dry=退屈な行動です)」と述べた。(片平正ニ)

FOMCメンバーの政策金利見通し(ドットチャート、12月時点)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 大荒れ米市場、一気に利下げ催促モード 長短金利差は小幅拡大

  2. 甘くなかったパウエル議長 「帽子からハト」期待の株式市場は失望

  3. 会合直前に連日の利上げ牽制 トランプの北風、FRBの決断はいかに

  4. 執拗な牽制球でも4度目利上げの決定打に 米新規失業保険が歴史的な低水準 

  5. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  6. クラリダ発言、12月利上げ観測にクギ ドル高も一服

  7. 証券営業の凄腕たち【Episode3】何度も対話、顧客回り5年半で地球9周分

  8. WTIが50ドル割れ、BEIも低水準に FOMCでハトは出るか

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP