英PMIが映すBrexit混迷 2年半ぶり低水準、暗雲たちこめる企業マインド

5日に発表された1月の英サービス業購買担当者景気指数(PMI)は50.1と市場予想(51.0)を下回り、国民投票で欧州連合(EU)離脱を決めた直後の2016年7月以来、2年半ぶりの低水準となった。

この指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目となっており、1月の数字はギリギリの水準だ。3月29日の離脱期限が近づくなかでEUとの協定案がまとまらず、最終的に合意なき離脱に追い込まれる可能性がある。企業が英経済の混乱、腰折れ懸念を強めていることの表れといえる。(丹下智博 )

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  2. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  3. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  4. 米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

  5. 2年10年より深刻、誤ったシグナル……米の逆イールドに慌て始めた市場

  6. アルツハイマー薬のバイオジェン29%安 エーザイとの臨床試験中止

  7. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  8. 株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP