英PMIが映すBrexit混迷 2年半ぶり低水準、暗雲たちこめる企業マインド

5日に発表された1月の英サービス業購買担当者景気指数(PMI)は50.1と市場予想(51.0)を下回り、国民投票で欧州連合(EU)離脱を決めた直後の2016年7月以来、2年半ぶりの低水準となった。

この指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目となっており、1月の数字はギリギリの水準だ。3月29日の離脱期限が近づくなかでEUとの協定案がまとまらず、最終的に合意なき離脱に追い込まれる可能性がある。企業が英経済の混乱、腰折れ懸念を強めていることの表れといえる。(丹下智博 )

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 年末の日経平均予想、下方修正じわり増加 米英の政治や業績は……

  2. 離脱混乱にも慌てない?英の投資家 金への投資細る、焦るEU勢は急増

  3. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  4. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  5. HOTなREIT、「SDGsなREIT」はGBでもっとCOOL

  6. 8月優待は107銘柄 逆風に強い外食系、その中でも注目は 

  7. アフラック株にも火の粉 日本郵便「二重払い・無保険10万件問題」

  8. カネ余りと高金利は政治混乱より強し イタリア首相辞任でも国債に買い

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP