2ケタ増収予想でも成長鈍化懸念 最高益アマゾン、株価は乱高下

1月31日の米時間外市場でアマゾン・ドット・コムが乱高下している。一時は通常取引に比べて1.8%ほど高い1750.45ドル近辺まで上昇したが、買い一巡後には下げに転じた。通常取引に比べておよそ5%低い1625ドル近辺まで下落する場面もあった。

31日の通常取引終了後に発表した2018年10~12月期決算は売上高、1株利益(EPS)ともに市場予想を上回り最高益だったが、同時に示した19年1~3月期見通しを嫌気する売りに押されている。

10~12月期の売上高は前年同期比19.7%増の723億8300万ドルと市場予想の718億7960万ドルを上回った。部門別では主力のインターネット通販が12.5%増の398億2200万ドル、利益率の高いクラウドサービス「AWS」が45.3%増の74億3000万ドルと大きく伸びてそれぞれ市場予想を上回った。AWSの伸びが寄与してEPSは6.04ドルと市場予想の平均(5.65ドル)を上回った。

一方、19年1~3月期の売上高見通しは前年同期比10~18%増の560億~600億ドルになると示した。市場予想の608億2600万ドルを上限でも下回るため、先行きに対して警戒感が広まる展開となっている。米CFRAリサーチは決算発表を受けて、19年のEPS見通しを引き上げたものの目標株価を従来どおり2000ドルに据え置いた。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 世界No.1富豪の離婚と時価総額No.1企業の株価のただならぬ関係

  2. 米テック時価総額ダンゴ3強だ ①アップル②アマゾン③マイクロソフト

  3. なるか8年半ぶりの逆転劇 アップル時価総額に迫るマイクロソフト

  4. FAANG、消えた時価総額120兆円 

  5. Aの次もA 1000000000000ドルへのラストワンマイルと、そこから

  6. FANGもプラスマイナス アリババなど年初比で下落

  7. アップル・アマゾン最高値 大型IT株と金融環境指数の深い関係 

  8. アマゾン、時間外で急騰 1Q決算「AWSは普通でない成長」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP