ハト乱舞、FOMC満額回答に株⤴金利⤵ 利上げ確率も⤵

米連邦準備理事会(FRB)は30日、米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きを決めた。公表した声明文は「段階的な追加利上げ」が正当化されるとの文言を削除、金融政策を「忍耐強く」判断するとの文言を挿入し、利上げの休止を示唆した。2017年秋から開始したバランスシート縮小についても「修正する用意がある」と見直す姿勢を示した。

満額回答ともいえる金融引き締めに慎重な「ハト派」的な内容を受け、米国市場では長期金利が低下し、株価が急上昇した。米10年債利回りは2.68%台へ低下、ダウ工業株30種平均の上げ幅は430ドルを超えた。

■「利下げ」が織り込まれつつある

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループの「Fedウオッチ」によると、2019年中の利上げ確率は29日の19.2%から10.5%に低下する一方、利下げ確率は6.8%から9.4%に上昇した。政策金利の維持は72.0%から79.6%へ上昇している。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 7月の50bp利下げに否定的 FRBのMr.ハト派の発言、思惑呼ぶ

  2. 目指せデータの達人⑩トランプ関税⇔利下げと綱引き ドル高要因↔ドル安要因

  3. 市場が織り込んでいない、もう一つの米金融緩和 FOMC結果発表へ

  4. 米の利上げ打ち止め意外に早い? 「19年1回」説が台頭、FOMC内はハト優位の見方

  5. 大統領はおもてなし、議長はおもねりなし? トランプ・パウエル夕食会談の後味

  6. 米利上げに「待った」の材料「そろい踏み」 タカ派じりじり「土俵際」

  7. また好調な経済指標、米の長短金利差は拡大傾向

  8. 豪ドルへGO ミセスワタナベの買い今年最大、75円割れで逆張り

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP