サプライズ指数で明暗 米は2ヵ月ぶりプラス、欧州は大幅マイナス圏

米シティグループが算出するエコノミック・サプライズ指数で、米国は1.8と前日のー6.1から上昇。2018年11月下旬以来、ほぼ2カ月ぶりにプラスに転じた。

同指数は経済指標の予想と実績のかい離を指数化したもので、実績が予想を上回れば上昇し、下回れば下落を意味する。

24日に発表された1月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月から上昇し、市場予想も上回った。これに対して独・仏およびユーロ圏のPMIは軒並み前月から悪化。市場予想も下回り、ユーロ圏のサプライズ指数は低迷したままとなっている。(池谷信久)

■米国のサプライズ指数(青)と独・仏・ユーロ圏(緑)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  2. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

  3. 最長ブル相場vsドル安・金利低下 経済指標の下振れ続く米国の強弱感

  4. 深く沈んだままの「ユーロ圏サプライズ指数」 景況感の改善に時間

  5. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  6. 米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

  7. 2年10年より深刻、誤ったシグナル……米の逆イールドに慌て始めた市場

  8. アルツハイマー薬のバイオジェン29%安 エーザイとの臨床試験中止

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP