米住宅市場に下げ止まりの兆し ローン金利が急低下

全米住宅建設業協会(NAHB)が16日発表した1月の住宅市場指数(グラフ青)は58と、3カ月ぶりに上昇した。背景にあるのが住宅ローン金利(グラフ緑)の低下だ。住宅ローン金利は米連邦準備理事会(FRB)の利上げを受け、2018年11月にピークを付けたが、その後は急低下している。NAHBは「住宅ローン金利がこの数週間徐々に下がっているのが建設業者の景況感維持につながった」と分析している。

■急低下した住宅ローン金利(左軸、%)が住宅市場指数(右軸)を下支え

また米抵当銀行協会(MBA)が16日公表した11日までの週間の住宅ローン申請指数も前の週から13.5%上昇した。前週も23.5%と大きく伸びていた。住宅ローン金利の低下とともに、住宅市場が低迷から脱する可能性が出てきた。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ロス長官、昨年末の利上げにダメ出し 「利下げ催促相場」加速も

  2. 市場の非常事態は回避されても止まぬFRB攻撃 次期理事選び、新たな火種に

  3. 大荒れ米市場、一気に利下げ催促モード 長短金利差は小幅拡大

  4. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  5. 株で勝つ、狙うは二番手業種の一番企業 by 木野内栄治氏(シリーズ:ベテランに聞く)

  6. HOTなREIT、「SDGsなREIT」はGBでもっとCOOL

  7. 8月優待は107銘柄 逆風に強い外食系、その中でも注目は 

  8. アフラック株にも火の粉 日本郵便「二重払い・無保険10万件問題」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP