日本株ETF、海外マネーの出入り激しく 流入額はアベノミクス初期以来

7日の米国市場で、日本株ETFで純資産が最大のiシェアーズMSCIジャパンに大規模な資金が流入した。QUICK FactSet Workstationによれば6億578万㌦の資金流入となり、1日の流入額としては2013年4月12日(9億7718万㌦)以来、5年9カ月ぶりの大きさを記録した。前営業日(4日)には6億7372万㌦の資金流出で、2017年7月7日(7億5916万㌦)以来、1年6カ月ぶりの大きさの大規模流出となっていたが、ほぼ帳消しにした格好だ。

■iシェアーズMSCIジャパンのファンドフロー 


(QUICK FactSet Workstationより、単位・百万ドル)

この日の米国市場でiシェアーズMSCIジャパンは0.24%高で小幅に続伸して終えた。為替市場でドル円が落ち着く中、為替ヘッジ付きのウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジドETFからは9210万㌦の資金が流出したこととは対照的に投資家の押し目買い意欲の強さがうかがえた。(片平正二)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 肌感覚ではアベノミクス前 閑散日本株、海外勢離れが止まらない

  2. 「マイナス金利の海」に潜って稼ぐ海外勢 日本国債の保有比率が最高に

  3. じわじわ狭まるFRB利下げ包囲網 つぶやき大統領&おねだり市場 

  4. アジアで日本株は「不人気」 カタリスト不在、上値追いに慎重な声

  5. 新興市場でも海外勢にお株を奪われる個人 売買シェアじわじわ低下

  6. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  7. 戻ってくるのか▲10兆円 海外勢の日本株売り越し、今後は需給下支え要因に

  8. 弱気モードの日本株 指標は「買い」だが、じわり手を引く海外勢

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP