日本株、灯っていた超異例の下げ過ぎシグナル 裁定取引残が「マイナス」

今年の最終盤で激しい浮沈を見せる日経平均株価。1010円安で2万円を割り込んだ日の翌日(26日)時点では25日移動平均からの乖離率がマイナス9.66%、東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)が70を割り込むなど、指標面からみて明らかに下げ過ぎの水準だったが、もうひとつ、裁定取引残高がマイナス(売り残高が超過)という珍しいシグナルがその直前に灯っていた点も見逃せない。

東京証券取引所が発表した21日時点の裁定取引残高では、売り残高が2.94億株に対して買い残高が2.84億株。差し引きで売り残が0.1億株多くなったが、こうした現象は極めて稀だ。東海東京調査センターの仙石誠氏によると、こうした局面はこれまで1998年8月、2016年9月の2回しかないという。

■裁定売り残が買い残を逆転

仙石氏は「過去の状況をみても下げ過ぎだったというひとつのシグナルだろう」と指摘する。1998年8月はアジア通貨危機やLTCMショックにより相場が下落していた時期で、2016年9月はチャイナ・ショックやブレグジットの決定後に現れた現象。すぐに相場が反転したとはいえないまでも、いずれも安値圏であったことを示していたと仙石氏はとらえている。

国内証券のテクニカルアナリストは「確かに目先は上げが期待できる状況だが、先物が買われる条件も必要だろう」との見方を示していた。漫然たる不安から大きく水準を切り下げてきた日本株。きょうのところは上げで慌ただしく、19年もジェットコースター並みの上り下りが続く可能性もありそうだ。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 平成・危機の目撃者➌ 今井雅人が見たアジア通貨危機(1997~98)

  2. 英利上げでポンド乱高下 会合後に買い、会見で売り EU離脱の行方懸念

  3. 平成・危機の目撃者⓬ 伊藤嘉洋が見たバブル崩壊(1992)

  4. 証券営業の凄腕たち【Episode5】若手ならではの視点で企業経営者の懐に

  5. 平成・危機の目撃者➎ 二宮圭子が見た1ドル=79円台突入(1995)

  6. チャート、それは森羅万象を表すもの by 井上英明氏(シリーズ:ベテランに聞く)

  7. 相場はランダム、戦略に「絶対」はない by 星野昭氏(シリーズ:ベテランに聞く)

  8. 米中摩擦、きょうはリスクオフ加速の日 米製造業PMI⤵で米金利も⤵

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP