米株ジェットコースター、背景にもう一つの金利差

26日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が1000ドルを超す過去最大の上昇となった。ただ、新たな材料は出ていない。前営業日まで4日続落し下げ幅が1800ドルを超えていたことで、短期的な買い戻しが入ったと見られている。

ジェットコースターのような株価乱高下の背景のひとつに、金融政策に対する市場とFRB間のギャップがある。FF金利先物が示す政策金利(グラフ青)は、2019年中の利上げを想定しているが、その後は利下げを織り込んでいる。一方、12月のFOMCは19年に2回、20年に1回の利上げを示唆していた(グラフ赤)。

■市場と当局の見通しにズレがある

過度なFRBの引き締めが市場の不安心理を高めている。19年1月のFOMCに向けては、FRBの金融政策に対する様々な思惑が交錯し、値動きの荒い展開が続きそうだ。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 2年10年より深刻、誤ったシグナル……米の逆イールドに慌て始めた市場

  2. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  3. またひとつダウの古株が消える? Uテクノロジーズが事業3分割、銘柄入替の観測

  4. 熟れすぎたリンゴは落ちる 成長鈍化と開示後退は「売れ」の材料

  5. 「中国といえばCAT」のユウウツ 上海急落で関連銘柄に売り

  6. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  7. 今度はアップル、T砲「米国生産」の圧力で株価に不透明感

  8. ダウ新規採用ウォルグリーンズ大幅高 気になる指数インパクト

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP