増税延期はカオス 「2度あることは」か「3度目の正直」か、政治判断は4月?

「ひい、ふう、みい」と指折りながら、「2度あることは3度ある」のか「3度目の正直」なのか、「もっと新しい判断」なのかと思案を巡らす。株安をうけて、またぞろ例の問題を意識しはじめた市場関係者も少なくないはずだ。

みずほ証券の上野泰也氏は26日のレポートで、経済政策面でこの先注視すべきテーマの1つとして「安倍首相がまだ最終判断を下したわけではない状態にある、19年10月予定の消費税率引き上げの行方」をあげた。

安倍首相

首相は16年6月1日に、「リーマンショック級の事態は発生していないのが事実だ」と認めつつも消費増税の再延期(17年4月から19年10月への2年半先送り)をアナウンスした。当時は、日経平均株価が15年6月24日に高値をつけてから中国人民元切り下げやブレグジットといった海外要因が材料になって売られ、16年6月24日に底入れするまで28.3%下落した時期だった。

上野氏は「今回は、19年4月頃に安倍首相の政治判断で消費増税の再々延期がアナウンスされるのではないか」と、みていた。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 「首相交代」心臓に悪い⁉ 日本株びっくり予想の話です 2019年版、野村まとめ

  2. 大ヒット フレディも21世紀フォックスもディズニーも「バイ」

  3. 日経平均は乱高下 市場はこう見た安倍3選の「来し方行く末」

  4. 荷動き低調、世界景気に警戒感 バルチック指数が節目の1000割れ

  5. 「MAGA」の次は「BWCF」? 壁支持33%で強気、政府閉鎖は33日目

  6. 「何も上手くいかなかった」とアインホーン氏 強者ヘッジファンド最悪の2018年

  7. 目標株価1100~1800円でバラつき さて、どうするソフトバンク投資家

  8. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP