WTIが50ドル割れ、BEIも低水準に FOMCでハトは出るか

17日の米国市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物が一時49.09ドルまで下落。2017年9月以来、約1年3カ月ぶりの安値を付けた。供給過剰懸念や中国や欧州の経済指標悪化を受けた前週からのリスクオフの流れの継続が背景。ダウ平均も500ドルを超す下落となって終えている。

原油相場の下落を受け、市場の期待インフレを現す米ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)も1.81%と17年9月以来の水準まで低下した。18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)におけるハト派化観測を後押しすることになりそうだ。

■米BEIとWTIの比較チャート

この日はブレント原油も安く、清算値は1.1%安の1バレル=59.61ドルだった。この結果、ブレント原油とWTIのスプレッドは9.73ドルとなっている。10月以降の下げ相場の過程で、ブレント原油とWTIのスプレッドは一時12ドルを超えたが、足元では9ドル台で縮小傾向にあった。しかし、米国内の原油生産量の増加が警戒されるほか、米株安を受けてリスク・オフの動きが強まるようだと、下げ相場の中でスプレッドの拡大を伴いながらWTIの下げがキツくなる恐れがありそう。(池谷信久、片平正ニ)

■ブレントとWTIのスプレッド(緑・左軸)の推移

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 上がるWTIと上がらぬBEI 米市場の強弱感、正しいのはどちらか 

  2. 米インフレ期待じわじわじわ 消費も原油も長期金利も↗↗↗

  3. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  4. インフレ期待度さらに低下、長期金利も上昇余地は限定的

  5. 米、消費者の期待インフレ率3%台に上昇 NY連銀調査

  6. 米金利3%乗せの先は VIXショックとの違い鮮明 【US Dashboard】

  7. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  8. ベージュブック、物価判断上げ 雇用統計で波乱再び?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP