米中、明暗分かれた小売売上高 中国は15年半ぶり低水準

中国が14日発表した11月の小売売上高の伸びは前年同月比8.1%増で、2003年5月以来、15年半ぶりの低い伸びとなった。個人消費の減速懸念が高まり、グローバルな株安の一因になった。

一方、同14日発表の11月の米小売売上高は前月比0.2%増と市場予想(0.1%増)を上回った。前年同月比では4.2%のプラス。また、10月分は上方修正されており、足元の個人消費の底堅さが改めて確認された。

トランプ大統領はツイッターやテレビのインタビューで「我々の貿易戦争が原因だ」「私(が仕掛けた関税)が原因だ」などと“戦果”をアピールしている。

株価大幅安にも関わらず米長期金利は小幅な低下にとどまり、CMEフェドウォッチ・ツールにおける12月利上げ確率も70%台後半を維持している。(池谷信久)

■中国(赤)と米国(青)の11月の小売売上高 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】14日 中国の小売売上高、工業生産高など 米小売売上高

  2. 中国市場が冷えたのか、iPhone熱が冷めたのか それが問題アップル・ショック

  3. 執拗な牽制球でも4度目利上げの決定打に 米新規失業保険が歴史的な低水準 

  4. 【朝イチ便利帳】14日 6月の機械受注、7月の中国の工業生産高、小売売上高

  5. 【朝イチ便利帳】14日 デサントTOB期限、日銀決定会合、1〜2月の中国経済指標

  6. 【朝イチ便利帳】5日 ソフトバンクなど決算 米大統領が一般教書演説、ISM非製造業

  7. 【朝イチ便利帳】14日 7〜9月期GDP速報値、日本郵政など決算

  8. 制裁×報復=円高の歓迎されざる方程式 リスクオフで買われ、日米通商協議で圧力

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP