ファーウェイ問題、ガチョウもダウン 幹部逮捕と釈放がカナダ社の株価翻弄

12日の米株式市場で高級ダウンジャケットを製造・販売するカナダグース・ホールディングスが6営業日ぶりに反発した。終値は前日比3.15ドル(5.7%)高の58.41ドルだった。

カナダで逮捕されていた中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部が保釈されたことが好感された。この幹部の逮捕を機に中国でカナダグース製品の不買運動が起き、カナダグース株は5日間で20%超下落していた。アナリストの目標株価は平均で69.97ドル(13日時点、14社)と、売られ過ぎとの見方だ。12日はカナダのトロント市場でもカナダグース株は5%超上昇した。

ファーウェイ問題では、アップル製品の不買運動も一部で起きているようで米中の対立が消費者の間にも広がっている。(根岸てるみ)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. HUAWEI取引規制、米ハイテク株に冷水 米中問題の着地はFarway

  2. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  3. 恐怖の男の贈り物と恐怖指数 クリスマスラリーは期待薄か

  4. 米キーサイト株急伸、広がる5G好調の恩恵 対中制裁の影響は限定的

  5. ファーウェイ・ショック 真の標的は5G、アジアで関連株急落

  6. 今度は「マイナス金利」でFRBに圧力 利下げ確率⤵で88.8%

  7. 日本国債は相対的に高利回り、海外勢の買いは続く アクサIMの木村氏

  8. 「高ROE無双」という名の「分断相場」 日本株、本格反騰は遠く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP