日銀ステルス砲、打って支えていよいよ年6兆円

日銀は10日、3営業日連続となる上場投資信託(ETF)の買い入れを実施した。通常のETFが703億円、毎営業日買い入れている12億円の「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF」12億円の合計715億円で、今年1月からの累計の買い入れ額は5兆9963億円。孤軍奮闘で日本株相場を支える「本石砲」が目安とする年6兆円がいよいよカウントダウンに入った。

国内証券のストラテジストは現状の日銀ETF買いを「ステルス量的緩和」とも評する。日銀は目標と定めている買い入れ枠を超える状況のなか、前場のTOPIXの下落率が小さくても積極的買い入れている。

この状況を前述のストラテジストは「投資家センチメント悪化によるリスクプレミアムの拡大を理由に『上下に変動しうるものとする』という7月に示した文言通りに行動している」と指摘する。

毎営業日に買い入れている新型ETFを考慮すると、すでに実質的に年6兆円の買い入れペースを超えた計算になる。今後もオーバーペースで買い入れを続けるか注目される。(中山桂一、片平正二)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ステルス減額?ただの微調整? ペースダウン、夏の本石砲に思惑

  2. ETF買い入れ「柔軟化」なら何が起きる? 銘柄変更で吹く逆風と順風

  3. 本石砲の弾道「微修正」に思惑 ETF購入方針見直しで買われる銘柄、売られる銘柄

  4. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  5. 日銀オペ200億円減額、3つの理由

  6. TOPIX1400?で「打ち方やめ」 本石砲の持続性と日銀財務に高まる関心

  7. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

  8. 「株式相場の番人」は年初から大忙し パウエルのハト、強化版の本石砲

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP