米雇用市場に変調の兆し 失業保険申請じわり増加

11月の米雇用統計は堅調な内容だったが、前向きなデータばかりではない。JPモルガンのエコノミスト、ダニエル・シルバー氏が最近、気にかけているのが週間の米新規失業保険申請件数だ。しばしば景気サイクルの変化の予兆として受け止められる。

申請件数は足元で23万件で推移している。9月には20万件台にまで低下していたが、その後は増加に転じた。4週間の平均も明確に増加しており「最近の上昇傾向は注目に値する」(シルバー氏)。

背景にはハリケーンや大規模な山火事、原油価格の大幅な下落などがあると考えられるという。「申請件数の増加は景気後退の局面入りが迫っていると示唆しているわけではないが、データとして無視はできない」(シルバー氏)。今後も増加基調を維持するのか。申請件数が1つの注目指標になりそうだ。(岩切清司)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. 執拗な牽制球でも4度目利上げの決定打に 米新規失業保険が歴史的な低水準 

  2. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  3. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  4. 米利上げ、市場の織り込みは▲1回 FF先物の水準が示唆

  5. 大荒れ米市場、一気に利下げ催促モード 長短金利差は小幅拡大

  6. 甘くなかったパウエル議長 「帽子からハト」期待の株式市場は失望

  7. 会合直前に連日の利上げ牽制 トランプの北風、FRBの決断はいかに

  8. WTIが50ドル割れ、BEIも低水準に FOMCでハトは出るか

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP