米テック時価総額ダンゴ3強だ ①アップル②アマゾン③マイクロソフト

3日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。米中間の貿易戦争が一時的に小康状態になるとの見方から安心感が広がった。時価総額が世界最大のアップルは3.49%上昇し、指数の押し上げに寄与した。

ただ、上昇率はアマゾン・ドット・コムが4.86%と大きく、米メディアによると一時は時価総額でアップルを上回って首位に立つ場面もあった。QUICK FactSet Workstationによると終値ベースの時価総額はアップルが8770億㌦なのに対し、アマゾンは8666億㌦。3番手はマイクロソフトの8604億㌦と、文字通りの団子状態。時価総額トップの座を3社が競う三つ巴の状況になった。(岩切清司)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. なるか8年半ぶりの逆転劇 アップル時価総額に迫るマイクロソフト

  2. FAANG、消えた時価総額120兆円 

  3. Aの次もA 1000000000000ドルへのラストワンマイルと、そこから

  4. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  5. iPhoneの問題なのか、スマホの問題なのか アップル株下落に目を凝らす市場

  6. 減速アップル、強烈な下げの引力 VIXは「不安」水準

  7. 熟れすぎたリンゴは落ちる 成長鈍化と開示後退は「売れ」の材料

  8. ウエアラブル戦国時代 フィットビット大幅安、アップルウオッチが脅威に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP