米テック時価総額ダンゴ3強だ ①アップル②アマゾン③マイクロソフト

3日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。米中間の貿易戦争が一時的に小康状態になるとの見方から安心感が広がった。時価総額が世界最大のアップルは3.49%上昇し、指数の押し上げに寄与した。

ただ、上昇率はアマゾン・ドット・コムが4.86%と大きく、米メディアによると一時は時価総額でアップルを上回って首位に立つ場面もあった。QUICK FactSet Workstationによると終値ベースの時価総額はアップルが8770億㌦なのに対し、アマゾンは8666億㌦。3番手はマイクロソフトの8604億㌦と、文字通りの団子状態。時価総額トップの座を3社が競う三つ巴の状況になった。(岩切清司)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. あけましてアップル・ショック 時価総額4位に後退

  2. 見えてきた10年半ぶり米利下げ そして、さあどうする?黒田さん

  3. アップル強気派が減ってきた 「中立」4割、「売り」も1割 

  4. アップルを辞めていく人たち 今度はデザイン部門トップのJ・アイブ

  5. 反トラスト疑惑の代償=14兆円なり GAFA株に売り広がる

  6. HUAWEI取引規制、米ハイテク株に冷水 米中問題の着地はFarway

  7. 何が起きる?米中貿易摩擦の最悪シナリオ 業績は、株式相場は、FEDは

  8. 5G和解の連鎖高 クアルコム↔インテル↔SOX↔アップル部品供給企業

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP