ソフトバンク仮条件、超異例「一本勝負」の成算は

ソフトバンクG(9984)の通信子会社ソフトバンク(9434)は30日、新規株式公開(IPO)に伴う売り出しの仮条件が想定価格と同じ1500円に決まったと発表した。通常、仮条件は下限と上限のレンジで示すが、「レンジのない仮条件は極めて異例」(国内投信)だ。主幹事証券によると「仮条件がレンジを付けない一本値となるのは1997年にブックビルディング方式が導入されてから初めて」という。

ソフトバンクはQUICKデリバティブズコメントの取材に対し、「価格変動リスクやマーケットの状況等を勘案して仮条件は1500円が妥当だと総合的に判断した」と説明した。

訂正有価証券届出書によると、仮条件を決めるにあたり、機関投資家への聞き取りで主に3つの「評価」を得たとしている。①高い株主還元と成長投資の両立が可能なキャッシュ・フロー創出力、②ブランド戦略やソフトバンクGの投資先との協業による新規事業の展開というユニークな成長戦略、そして③業界の競争環境、法規制の改正等よって業績が変動する可能性--だ。③は、いうまでもなく、政治主導で携帯料金の引き下げが議論されていることを強く意識したものとみられる。

株式市場では「個人投資家向けの販売が大方めどがついているという証左」(国内投信)との指摘が出ていた。一方、「もともと機関投資家向けの売り出し株数が少なく、応募しても割り当てられない機関投資家が多いのではないか」(市場関係者)との声もある。

売り出し額は約2.6兆円になる計算で、日本企業のIPOでは1987年のNTT(2.3兆円)を上回り、過去最大になる。週明け12月3日からのブックビルディングを経て、10日に売出価格を正式に決め、19日に東証1部に上場する。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】30日 ソフトバンク仮条件、米中首脳会談、G20首脳会議

  2. メルカリさあ上場 初値に注目、LINEのIPOが参考に

  3. メルカリあす上場 応募35倍の前人気

  4. 【朝イチ便利帳】28日 8月の米消費者信頼感指数、米HPEなど決算

  5. 【朝イチ便利帳】23日 MSOLが新規上場、アルファベット決算

  6. 【朝イチ便利帳】13日 6月の中国貿易統計、決算は東宝や松竹 

  7. 話題のIPOも前人気低調 スマホの小米につきまとう不安

  8. HEROZ上場、「初手」から過熱 AI人気で記録的な高騰ぶり

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP