「米利上げ、あと4回」の見方しぼむ 議長発言、2年物金利が低下

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が28日の講演で、今の政策金利は「中立水準をわずかに下回る」との認識を示したことで、マーケットでは米利上げが近く終了するとの観測が広がった。
FOMCのドットチャートでは2018年に1回、2019年に3回の利上げが示唆されているが、28日のCMEフェドウォッチツールによると、2019年12月までに合計4回以上利上げする確率は9%程度と、27日の12%から低下。ひと月前の18%から半減している。
債券市場では金融政策の影響を受けやすい2年債利回りが低下し、米長短金利スプレッドは拡大した。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米長短金利差いよいよ15bp、11年5ヵ月ぶり低水準

  2. 米2年債利回り、10年ぶり高水準 9月FOMCで利上げ確実視

  3. 米長短金利差いよいよ20bp割れ 一方で債先ショートは最大

  4. 米長短金利差11年ぶり低水準 2-10年で20bp割れ視野

  5. 米長短金利差さらに縮小 「注視の必要」「脅威でない」FED内の解釈も分裂

  6. 決戦は木曜日 物価上昇が鮮明な米、利上げ年4回の見方増える

  7. 米長短金利差ここまで縮小、利上げペース鈍化を意識 【 US Dashboard】

  8. 米長短金利差が縮小 リーマン前に接近、逆転なら景気後退も

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP