右肩下がりビットコイン「さらに15%下落も」 クリプタクトが分析リポート

ビットコインが下値を切り下げている。仮想通貨の情報サイト、QUICK CRYPTO LABによると、日本時間27日午前11時10分時点の円建て価格は前日比1万1760円(2.75%)安の41万6048円で推移している。 bitFlyerベースで価格を比較すると2017年9月下旬以来、約1年2カ月ぶりの低水準。ちょうど1年前には一時、200万円を突破するなどバブルの様相を呈していたが、年明けから調整局面に入った。さらに11月からは一段安の展開となっている。

背景には様々な要因が考えられる。仮想通貨そのものが盗難されるなど仮想通貨交換業者のセキュリティーに対する不信感のほか、ビットコインの分裂騒動も逆風になった。仮想通貨関連のツール開発・資産管理を手掛けるクリプタクト(東京・千代田)は直近のレポートで「ビットコインの価格はさらに15%近いダウンサイド(36万円)があり得る」と指摘した。

■2013年12月~17年1月の価格と変動率

■現在(17年12月~18年11月)の価格と変動率

(いずれもクリプタクト調べ)

同社が今回の分析で利用したのがビットコインの変動率だ。「今回の市場低迷期において2018年11月24日には、2017年12月16日の高値価格と比べて80%下落した。これは前回の低迷期の82%と比較してほぼ同じ水準まですでに下落した計算。前回の底値を意識するなら2%ほどの下落の可能性がある。すなわち現在の価格からみるとおよそ15%の下落、価格にして36万円近辺まで下値余地があることを示唆している」と見る。

一方で「底入れのタイミングも近い」という。「ボラティリティの動きが前回の低迷期と似ていることから、現在起きているボラティリティの上昇は、株式市場でいうところの、いわゆるセリング・クライマックスに近いかもしれない。その場合はボラティリティの落ち着きと共に底値からの反転が生じる」との見方も示した。(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ビットコインが7000ドル割れ FBIが技術サポートを装った詐欺を警告

  2. 仮想通貨カストディー業務、フィデリティが参入

  3. 賢人も大富豪もビットコインに厳しい見方 関連銘柄の米DPWが7%安

  4. ビットコインの変動率が低下、トルコリラ並みに

  5. 新種乱立、止まらぬ「オルト離れ」 Zaif問題で心理悪化に拍車

  6. 仮想通貨に「客観的な指標の必要性」 研究会報告、QUICKがBC4社の平均算出

  7. イーサリアム急落、ピーク時の4分の1に 個人の焦りが下げ加速

  8. ビットコインに先安観再び 下値メドは5000ドル? オプション取引が示唆

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP