なるか8年半ぶりの逆転劇 アップル時価総額に迫るマイクロソフト

26日の米株式市場でアップルが5営業日ぶりに反発し、前営業日比1.35%高の174.62ドルで引けた。直近までアイフォーン(iPhone)の販売不振や値下げ報道などを嫌気し売りこまれていたが、相場全体の地合いが改善し買いが入りやすかった。ただ、同じく反発したマイクロソフトの上昇率は3.29%に達した。

QUICK FactSet Workstationによると、アップルの時価総額は8286億ドルへの改善にとどまったのに対し、マイクロソフトは8172億ドルに増加し、両社の差は110億ドル強まで縮小した。このままマイクロソフトがアップルを追い抜けば、2010年5月下旬以来の再逆転となる。

後続組にはアマゾン・ドット・コムやグーグルの親会社にあたるアルファベットも控える。マイクロソフトを含めたこの3社はビジネス向けのクラウド事業などネット上のサービス事業が成長している点にある。「1強」が揺らぎ始めたアップルはiPhone失速をサービス事業で補い成長を持続できるのか。市場が瀬踏みを始めたようだ。(岩切清司)

 

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米テック時価総額ダンゴ3強だ ①アップル②アマゾン③マイクロソフト

  2. あけましてアップル・ショック 時価総額4位に後退

  3. 米テック3強「マイクロアップルゾン」 吹き飛んだ時価総額7000億ドル

  4. FAANG、消えた時価総額120兆円 

  5. アップルが巨額買収に動く日はくるか 市場のお薦めはソニー・ピクチャーズや任天堂

  6. 中国市場が冷えたのか、iPhone熱が冷めたのか それが問題アップル・ショック

  7. 5部門受賞のネトフリ大幅高 番組巨額投資で金字塔、課題は赤字縮小

  8. 米国株は高ボラ×長ボラ相場に 需給面で忍び寄る2つの恐怖 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP