強い米個人消費、下げ渋る長期金利

10月以降の株安・原油安にも関わらず、米10年債利回り(グラフ緑)は3%台を維持してきた。FRBの利上げペースが鈍化するとの見方は広がっているものの、利上げ路線が抜本的に修正されるとの見方には至っていない。根底にあるのは、米景気の堅調さだ。特に良好な雇用情勢を背景に個人消費は強い。

日本時間28日午前0時に発表される11月の米消費者信頼感指数(グラフ青)は135.0と、約18年ぶりの高水準。10月の137.9からは鈍化するものの、高水準を維持する見込みだ。先週末に始まったブラックフライデー、サイバーマンデーの年末商戦も好調な滑り出しが伝わっている。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米インフレ期待じわじわじわ 消費も原油も長期金利も↗↗↗

  2. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  3. 過去50年の歴史が語る「米国株はピークアウト」 兆しは消費者信頼感指数にあった

  4. 米消費者マインド2000年来の高水準 絶好調に潜む死角は住宅

  5. インフレが来る? 米CPI今夜発表 金利上昇加速も

  6. 【朝イチ便利帳】27日 企業向けサービス価格指数、米消費者信頼感指数

  7. 【朝イチ便利帳】28日 8月の米消費者信頼感指数、米HPEなど決算

  8. 【朝イチ便利帳】 26日  企業向けサービス価格指数 日産や新日鉄住金が総会

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP