FAANG、消えた時価総額120兆円 

23日の米市場でダウ工業株30種平均が4日続落した。この日はアップルに売りが継続し、下落率は2.5%に達した。このほかグーグルの親会社であるアルファベットやフェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックスも軒並み下げた。いわゆる「FAANG」が断続的な売りに押されている。

■118兆円=ほぼ日本の上位15社分

(単位100万ドル、QUICK FactSet Workstationより)

QUICK FactSet Workstationで23日時点の各社の時価総額から今年最大だった時価総額を差し引いた合計を算出すると1兆451億ドル(約118兆円)に達したことが分かった。日本企業でいうと、首位のトヨタ自動車(約22兆円)から15位のリクルートホールディングス(約4.8兆円)までを合計した金額にあたる。

FAANGの時価総額のピークはおおむね7月。半年もしないうちに100兆円規模で世界市場から「含み益」が消え去った。これらの銘柄は大手機関投資家から日本の個人投資家に至るまで幅広く投資の対象となっていただけに、リスク許容度を低下させる。下がるから売る、売るから下がるの悪循環が本格化するのか。市場の警戒感は一段と高まりそうだ。(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. FANGよりWANG 「W」はネットとリアルの融合効果が出始めたあの老舗

  2. TI、SOX、FANG…恐怖指数VXN 駆け巡った半導体ショック 

  3. FANG時価総額、3日間で2200億ドル消滅 ネトフリも5%安

  4. 恐怖指数の連鎖高、貿易不安が世界拡散 日本も欧州も米ハイテクも火の粉

  5. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  6. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

  7. 米中対立で甦る「ココム」の亡霊? 日米ハイテク業界に株安の黒い雲

  8. 資生堂が「日本のFANG」になる日 独創的技術に米著名投信も動く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP