【QUICK Forecast 企業業績】11/20時点 今期の営業利益4.2%増、来期は6.2%増

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出するツール「QUICK Forecast企業業績」を利用して、東証業種分類による2019年3月期(今期)と20年3月期(来期)の予想を集計・分析した。対象日は第2四半期決算発表の集中期の終了後にあたる11月20日で、集中期直前の10月22日と比較した。

20日時点での今期の業績予想(金融を除く2232社ベース)は、売上高が前期比3.4%増、営業利益が4.2%増、純利益が1.6%増。10月22日と比べて、売上高で+0.5%、営業利益で▲1.5%、純利益は▲0.8%の変化となった。

営業利益の予想だけを取り出してみると、10月22日時点の5.7%増から、11月6日時点は4.8%増、13日時点では4.7%増、そして今回4.2%増で推移。決算発表を経るたびに減速感が強まってきたことが読み取れる。

営業利益で10月からの変化をみると、金融(銀行業、証券・商品先物取引業、保険業、その他金融業を含む)を除く29業種中、7業種が増額、21業種が減額となった。プラスの変化額が大きいのはJXTG(5020)などの石油・石炭製品や電気機器。一方、マイナスの変化額が大きい業種は輸送機器、鉄鋼などで、SUBARU(7270)、三井E&S(7003)や、JFEHD(5411)、日新製鋼(5413)などの影響を受けた。

10月時点から上方修正された銘柄数は326(全体の14.6%)、下方修正は477(同21.4%)だった。

■2019年3月期の業績予想

■今期営業利益予想の10月22日からの変化額ランキング

また、来期の業績予想(金融を除く全産業2232社ベース)については、売上高が今期予想比4%増、営業利益6.2%増、純利益が5.1%増。10月22日との比較では、売上高が▲0.0%、営業利益が▲0.3%、純利益が0.0%と、やや下振れ気味。国際帝石(1605)などの鉱業、パルプ・紙などが営業利益でプラス方向に変化した一方、マイナス方向に変化したのは鉄鋼、電気機器などだった。

■2020年3月期の業績予想

【QUICK Forecast企業業績】11/13時点の記事はこちら

【QUICK Forecast企業業績】11/6時点の記事はこちら

 

※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

関連記事

  1. 【QUICK Forecast 企業業績】11/13時点 今期の営業利益4.7%増、来期は6.3%増

  2. 【QUICK Forecast 企業業績】11/6時点 今期の営業利益4.8%増に減速 自動車や建設が押し下げ

  3. 【朝イチ便利帳】5日 三菱重など決算、米中の7月の非製造業景況感指数

  4. 【朝イチ便利帳】7日 SUBARUやメルカリなど260社が決算、12月の景気動向指数

  5. 【朝イチ便利帳】22日 日銀政策決定会合(~23日)、ダボス会議(~25日)、米中古住宅販売

  6. 【朝イチ便利帳】24日 ベージュブック 、マイクロソフト、ビザなど決算

  7. 【朝イチ便利帳】2日 企業物価見通し、9月の国内ユニクロ売上高 FRB議長が講演

  8. 【朝イチ便利帳】 28日 株主総会ピーク、富士フイルムや出光など

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP