米製造業、鈍化し始めたモメンタム 耐久財受注2カ月連続で減

21日発表の10月の米耐久財受注額(季節調整済み、半導体を除く)は前月から4.4%減少し、2カ月連続で減少した(グラフ青)。市場予測の2.6%減も下回った。

米ISM製造業景況指数(グラフ緑)や米鉱工業生産指数(グラフ紫)などをみても製造業のモメンタムは高水準ながら鈍化している。(池谷信久)

■米耐久財受注、米ISM製造業景況指数、米鉱工業生産指数の比較チャート

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. 米金利、雇用統計の2日前に待ち受ける重要ポイント 【US Dashboard】

  2. 【朝イチ便利帳】3日 7~9月期の法企統計、米ISM製造業指数や中国製造業PMI

  3. 【朝イチ便利帳】 17日 FRB議長が議会証言、GSやJ&Jなど決算

  4. CEOもOECDもCONTAINERも 灯り始めた景気後退シグナル

  5. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

  6. 「あの時」と不気味な相似 荒波相場を乗り切るバフェット流

  7. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  8. 日銀ステルス砲、打って支えていよいよ年6兆円

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP