赤ランプが灯っていた「G」問題 暴走許した日産、甘々な統治

長きに渡って君臨したカリスマトップの暴走には、すでに警告が発せられていたといえるのかもしれない。

ESGレーティングをまとめている欧州系運用機関のアラベスクによると、日産自動車(7201)の「ガバナンス(Governance)」のスコアは直近で29だった。「環境(Environment)」と「社会(Social)」と比較すると相対的に低水準で推移していた。電気自動車やダイバーシティ(人材の多様性)などの先進的な取り組みで定評がある日産だが、肝心の内部統制に関してはお粗末だったと言わざるをえない。

出所:アラベスク S-Ray

同社会長のGhosn(ゴーン)容疑者の逮捕を受けて、ガバナンスに対する評価は今後さらに低下する可能性もある。アラベスクは欧州系のESG運用機関でESG評価システム「S-Ray」を用いてスコアを算出している。(根岸てるみ)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 巨大年金マネーが日産を外す日 ESG指数から除外、無視できぬ需給

  2. 「海外投資家は株価連動型報酬に関心」 ESG投資でジェフリーズのカーン氏

  3. ESGって「ESG」なの? 高スコア銘柄の値動きに見るマネーの本質 

  4. ETF買い入れ「柔軟化」なら何が起きる? 銘柄変更で吹く逆風と順風

  5. ESG投資、笛吹けど踊らぬアップルサプライヤー株

  6. 「沈黙は損」、ESG対応は積極開示を 三井住友トラストAM堀井氏

  7. 続・兜町REBORN 今度こそ金融都市、イケイケGOGO都の本気

  8. ESG投資、環境債の発行額が4倍に 商船三井など個人向けも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP