カショギ事件の霧なお晴れず サウジETFが続落

20日の米国市場でiシェアーズMSCIサウジアラビアETFが続落し、2.15%安の39.48ドルで終えた。トランプ大統領がこの日に声明を発表し、著名ジャーナリストのカショギ氏の殺害にサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子が関与したとの疑惑に関して「全ての事実はわからないかもしれない」と説明し、ムハンマド皇太子の関与を断定しなかったことで中東情勢への警戒感が薄らぐかとみられたが、WTI原油先物が6%超の急落となる中でサウジETFも弱い展開だった。

iシェアーズMSCIエマージングETFも2.15%安となり、ダウ工業株30種平均が500ドル超の下げ幅でリスク・オフの展開となる中でエマージング株も弱かった。(片平正二)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. WTIが50ドル割れ、BEIも低水準に FOMCでハトは出るか

  2. Tariff Man、今日はOil Man 気になるOPEC総会と日本貿易への影響

  3. 急坂を下るテスラ株、どこでブレーキかかるか 190ドル→10ドルの衝撃予想も

  4. 米中摩擦、SNSでトランプにガチンコ対決を挑む男 環球時報の編集長に注目

  5. HUAWEI取引規制、米ハイテク株に冷水 米中問題の着地はFarway

  6. 指数は高水準でも楽観ムード出にくい米消費 高まる米中貿易問題への警戒

  7. ESGって「ESG」なの? 高スコア銘柄の値動きに見るマネーの本質 

  8. ●●●●●●●で「初日」待ちわびる日経平均 買い手もカタリストも不在

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP