カショギ事件の霧なお晴れず サウジETFが続落

20日の米国市場でiシェアーズMSCIサウジアラビアETFが続落し、2.15%安の39.48ドルで終えた。トランプ大統領がこの日に声明を発表し、著名ジャーナリストのカショギ氏の殺害にサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子が関与したとの疑惑に関して「全ての事実はわからないかもしれない」と説明し、ムハンマド皇太子の関与を断定しなかったことで中東情勢への警戒感が薄らぐかとみられたが、WTI原油先物が6%超の急落となる中でサウジETFも弱い展開だった。

iシェアーズMSCIエマージングETFも2.15%安となり、ダウ工業株30種平均が500ドル超の下げ幅でリスク・オフの展開となる中でエマージング株も弱かった。(片平正二)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. Tariff Man、今日はOil Man 気になるOPEC総会と日本貿易への影響

  2. CEOもOECDもCONTAINERも 灯り始めた景気後退シグナル

  3. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

  4. 「あの時」と不気味な相似 荒波相場を乗り切るバフェット流

  5. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  6. 日銀ステルス砲、打って支えていよいよ年6兆円

  7. ソフトバンク、機関投資家の需要「国内2倍、海外3倍」 上場秒読み段階に

  8. 恐怖の男の贈り物と恐怖指数 クリスマスラリーは期待薄か

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP