米成長2.5%、金利3.5%で利上げ4回 GSは来年もインフレ持続の見立て、ドル円は108円

ゴールドマン・サックスは16日付のレポートで米国経済と金利、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策に関する見通しを公表した。米国の国内総生産(GDP)成長率は18年の2.9%から19年には2.5%へ鈍化すると想定。さらに20年には1.6%、21年には1.5%を見込んでいる。

一方で米10年物国債利回りについては19年後半にピークの水準として3.5%を付けると予想。その後、20年には3.3%へ低下する展開だという。GDP成長率が鈍化するにもかかわらず長期金利が上昇するのは、インフレ率の上昇が持続するとの見方があるためだ。FRBが政策を運営する上で重視する指標であるPCE(個人消費支出)のコアデフレーターは今後2年間、2.2%で推移するといい、FRBも19年は4回の利上げを実施すると見込んでいる。

為替相場についてはドルが弱含むとしている。対円では12カ月後の予想水準を1ドル=108円とした。対ユーロでは1ユーロ=1.20ドル。(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. じわじわ狭まるFRB利下げ包囲網 つぶやき大統領&おねだり市場 

  2. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  3. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  4. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  5. 米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

  6. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  7. マイナス金利の日本国債に海外勢が群がる理由 1月も買い越し高水準

  8. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP