原油安でHFも大やけど 損失20%、ロング戦略裏目に

原油相場が1年ぶりの安値圏で推移する中、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙電子版は15日、「ヘッジファンドが原油安で大打撃を受けた」と報じた。ピエール・アンデュランド氏が運用する旗艦ファンドの「アンデュランド・コモディティ・ファンド」(運用資産10億ドル)が10月に20.9%の損失を被ったといい、年初来では12%超のマイナスリターンを記録したという。

アンデュランド氏は年初の時点で原油が100ドルに向かうと強気の見通しを示していたことから、原油ロング戦略が裏目に出たとみられる。WTI原油先物は中心限月の清算値ベースで10月3日の高値(76.41ドル)から11月13日(55.69ドル)まで27%超の急落となっていた。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  2. もたつくOPEC だぶつく原油 ふらつく米BEIは1年ぶり低水準

  3. 原油相場、波乱の11月 リーマン・ショック以来の下げ、月間▲22%

  4. 世界景気ピークアウトへの警戒強まる 原油、過去最長の12日続落 

  5. 下げ止まらぬ原油の「34年ぶり」「3年8ヵ月ぶり」「9ヵ月ぶり」 需給の緩み鮮明 【US Dashboard】

  6. 米金利上昇、景況感と消費の「2段ロケット」 原油高でエンジン燃焼パワーアップ

  7. 米インフレ期待じわじわじわ 消費も原油も長期金利も↗↗↗

  8. WTI原油2ヵ月半ぶり高値、関連株も上昇 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP