減速アップル、強烈な下げの引力 VIXは「不安」水準

12日の米国市場でナスダック版恐怖指数のVXNが大幅に3日続伸し、15.82%高の28.11で終えた。恐怖指数のVIXも3日続伸し、17.79%高の20.45で終え、投資家心理の不安感を示すとされる20の大台を10月31日以来、半月ぶりに上回って終えた。

相場の雰囲気を悪くした銘柄の一つがアップル。5.03%安の194.17㌦で終え、1銘柄でダウ工業株30種平均を69㌦押し下げた。

この日の朝にスマートフォンの顔認証センサーを手掛けるルメンタム・ホールディングスが2018年7~9月期(1Q)決算を発表し、併せて2018年10~12月期(2Q)の業績予想を引き下げた。理由として大口顧客の1社から製品の出荷を減らすよう要請があったことを表明。2018年通期に同社の売上高の構成比はアップルが30%を占めるという。ルメンタムの株価は32.97%安と大幅安だった。

この日はアドバンスト・マイクロ・デバイスが9.51%安、ブロードコムが6.42%安となるなど半導体関連も急落。フィラデルフィア半導体指数は4.43%安となった。アップルをはじめとしたハイテク株主導で相場の地合いが悪化し、ナスダック指数が2.78%安、S&P指数が1.97%安で大幅安となる中、VIX、VXNともに急上昇した。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. TI、SOX、FANG…恐怖指数VXN 駆け巡った半導体ショック 

  2. 債券版のVIX高止まり、背景に「トランプ・プット」あり?

  3. 恐怖の目安は「20」より「17」 VIX急騰もう一つの読み方 

  4. 関税ショック VIXが4カ月ぶり20台、日経平均2万円割れの声も

  5. 最高値に迫る米株、恐怖指数が半年ぶり低水準 VIX先物はショート拡大

  6. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  7. 「恐怖」「歪み」、こちらも捻じれ まだまだ落ち着かぬ米株式相場 

  8. 7月の50bp利下げに否定的 FRBのMr.ハト派の発言、思惑呼ぶ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP