円売りポジションの巻き戻し、米債の売り建玉に同調

円の売りポジションが徐々に縮小している。米商品先物取引委員会(CFTC)が26日発表した23日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で投機筋(非商業部門)による円の売越幅は2週続けて縮小し、前週比7817枚少ない9万2804枚だった。9月下旬以来、約1カ月ぶりの低水準。

 

 

ここにきて似た動きとなっているのが米長期債のポジション。CFTCによると米10年物国債の投機筋の売り越しは4週連続で減少した。米債市場ではショートカバーが続いており、26日には10年債利回りが一時3.05%と、米長期金利が急上昇し始める前の10月初め以来の低水準を付けた。しばらく円の対ドル相場は米長期金利の水準とポジションに左右される局面が続きそうだ。(岩切清司、池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

  2. 投機筋、円売りの買い戻し進める 売り越し幅は1年4ヶ月ぶり低水準 CFTC

  3. 投機筋は引き続きドル高・米金利上昇シナリオ

  4. 米株高と金利高は持続か ビックリ王と新債券王の相場カン

  5. こちらの土台中の土台は 2万4000円台の値固めを支える「積極的な売り手」不在

  6. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  7. WTI急上昇 投機筋の買い持ち2週ぶりに縮小

  8. 原油先物 逃げる投機筋、しぼむ先高観

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP