米GDPナウが3.6%に低下 米住宅市場「減速」くっきり

アトランタ連銀がリアルタイムに米経済成長を予測することを目的として独自に公表している「GDPナウ」によると、10月25日時点での2018年7~9月期の米実質国内総生産(GDP)見通しは「3.6%」と、前回10月17日の3.9%から低下した。7~9月期GDPの速報値は26日に公表される。

 

24日公表の9月の米新築住宅着工件数は55万3000戸と市場予想(62万5000戸)を下回った。25日発表の9月の米仮契約住宅販売指数は前月の改定値から0.5%上昇と、市場予想(0.1%低下)を上回ったものの、前年同月比では1.0%低下した。これらの住宅レポートを受けて、7~9月期の実質住宅投資成長率はマイナス1.6%からマイナス4.1%へと引き下げられた。次回のGDPナウの公表は10月29日。(丹下智博)

 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 米GDP、4年ぶりの高成長も「ピークに近い」

  2. 【朝イチ便利帳】26日 日立など決算、7〜9月期の米GDP速報値

  3. 【朝イチ便利帳】29日 8月の消費動向調査、米GDP改定値

  4. 弱気モードの日本株 指標は「買い」だが、じわり手を引く海外勢

  5. Gone with the wickedness 剛腕、カネとともに去りぬ またも正念場の日産

  6. 米成長2.5%、金利3.5%で利上げ4回 GSは来年もインフレ持続の見立て、ドル円は108円

  7. クラリダ発言、12月利上げ観測にクギ ドル高も一服

  8. エヌビディアショックまたも 決算発表後の時間外で急落、先行き警戒

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP