聞きわけのないイタリア財政にダメ出し、ユーロにも売り

財政問題を抱えるイタリアの予算案を巡る警戒感から、イタリア債相場は軟調な展開が続いている(グラフ青、逆目盛で金利が上昇)。欧州委員会は18日、イタリア政府に対し2019年の予算案がEUの財政規律から大幅に逸脱しているとの見解を通達した。

18日の外国為替市場では、イタリア問題に加え、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の難航から、ユーロ(グラフ赤)が下落。対ドルでは8月中旬以来の安値を付けた。

株式相場でもイタリア売りが鮮明だ。イタリアMIB指数は1.88%の大幅な下げ。個別ではイタリア銀行大手のウニクレディトが3%を超える下げとなったほか、インテーザ・サンパオロも大きく下落した。(池谷信久、中山桂一)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. イタリアに続きドイツも景気後退か 中国や英EU離脱で沈むユーロ圏の景況

  2. イタリア発・欧州売り再燃か 財政不安で株も債券もユーロも

  3. 国債から銀行株まで、イタリア売り一色 中銀総裁は「信任失墜の瀬戸際」

  4. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  5. 【朝イチ便利帳】12日 英下院がEU離脱案採決、2月の米CPI

  6. 落ちた橋、再び落ちそうな信用力 イタリア財政不安、株も債券も売り

  7. ユーロ5カ月ぶり安値 売り材料の景気とイタリア、転換点は7月か

  8. トルコリラ並み、欧州通貨に売り圧力 市場は金融政策正常化の後ずれ意識

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP