米長期金利、引け前の急上昇 仕掛人はリスク・パリティ・ファンド

17日の米債券市場では長期債が売られ、10年物国債利回りは9日以来となる3.2%台に乗せた。16日に続き、17日も取引終了にかけて米長期金利は急上昇し、「リスクパリティ・ファンドによるボラティリティ調整のための売りが指摘されている」(ストラテジスト)という。

10日に米長期金利が上昇した際は株式市場が嫌気し、ダウ工業株30種平均が800ドル超の大幅下落となり、11日にも500ドル超の大幅な下げを記録した。今回も米株式市場の動向が気になるところだ。(丹下智博 、池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米国債に回帰する生保 ヘッジコスト改善、6月FOMC後に潮目の変化

  2. ドル・米金利どう動く もうじき審判、米中間選挙

  3. 国債「低ボラ」日本だけじゃない 金融政策、米でも手詰まり感

  4. 投機筋は引き続きドル高・米金利上昇シナリオ

  5. 貿易摩擦と橋龍発言 米国債について回る「売りたい衝動」 

  6. 中国、過去数週間で米国債の買い入れを停止か

  7. 米長期金利、なぜ上がる④ 緩む需給 海外勢も米国債離れか

  8. 米2年債利回り、10年ぶり高水準 長短金利差縮小

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP