サウジの不穏な砂嵐 原油版恐怖指数↗ ETFは5日連続↘

15日の米国市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は続伸。中心限月11月限の清算値は0.61%高の71.78ドルだった。サウジアラビアの著名ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が今月2日にトルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館に入った後、行方不明となってサウジ当局による殺害疑惑が警戒される中、WTI原油先物は72ドル台に上昇する場面があったが上値は重かった。原油版恐怖指数のOVXは3.10%高の28.59で終えた。

この日の米国市場でサウジアラビア株に連動するiシェアーズMSCIサウジアラビアETF(KSA)は5日続落し、1.83%安の27.31ドルで終えた。14日にサウジアラビアのタダウル全株指数(TASI)が3.51%安の7266.59で終え、一時は下落率が7%を超えて急落した。15日は4.14%高の7567.57で急反発して終えたものの、サウジ情勢への警戒感から不安定な値動きが続き、TASI指数は11日終値(7530.80)をやや上回る程度の水準で戻りは鈍かった。産油国であるサウジの株式はWTI原油先物相場と連動する傾向にあるが、KSAは終値ベースで3月7日以来、7カ月ぶりの安値圏に沈み、著名ジャーナリストの殺害疑惑を巡って連動性が大きく崩れている。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 原油安でガソリン安、期待インフレも上向かず 天然ガスは冬本番で「逆行高」

  2. 上がるWTIと上がらぬBEI 米市場の強弱感、正しいのはどちらか 

  3. WTI原油とCRB指数の乖離が縮小傾向に 【US Dashboard】

  4. WTI急上昇 投機筋の買い持ち2週ぶりに縮小

  5. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  6. 中東諸国の株価指数、軒並み堅調 シリア攻撃の影響は限定的

  7. WTIが3年4カ月ぶり高値、米金利上昇の兆し

  8. 米長期金利、なぜ上がる② 原油と賃金にインフレの芽

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP