「CEO人事より重要」な退任劇で株価つるべ落とし 米スクエア10%安+時間外でも10%安

10日の米市場でキャッシュレス関連のスクエアが急落した。前日比10%安の77.45ドルで引けた。取引時間中はハイテク株安の流れが波及したが、時間外取引に移行しても株安は止まらない。通常取引の終値に比べ10%近く安い69.97ドル前後で推移している。取引終了後にサラ・フライヤー最高財務責任者(CFO)の退任が伝わったことが材料視された。

サラ・フライヤー氏

米証券サントラスト・ロビンソン・ハンフリーのアナリストは同日付のレポートで「サラは普通のCFOとは違う。彼女のリーダーシップこそがスクエアの出現に大きく貢献し、最高経営責任者(CEO)のジャック・ドーシーの人事よりも重要だ」と指摘した。重要視する理由としてIR活動を評価している。「収支・マージンのバランスが絶妙であり、投資家への働きかけもうまかった。彼女こそ真のペイメント・ディスラプターだ」という。CFOの人事で株価が急落した背景がこのあたりにありそうだ。(岩切清司)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. スクエア決算、1Q見通しは弱気 時間外で売られる

  2. 米スクエア9%高 上場来高値更新 決済・ビットコインアプリ

  3. 米スクエア、7~9月期の増収率鈍化に失望 時間外で株価8%安

  4. いま注目の米国株、スクエアとは? スマホ決済で成長 ビットコインにも参入か

  5. HOTなREIT、「SDGsなREIT」はGBでもっとCOOL

  6. 8月優待は107銘柄 逆風に強い外食系、その中でも注目は 

  7. アフラック株にも火の粉 日本郵便「二重払い・無保険10万件問題」

  8. カネ余りと高金利は政治混乱より強し イタリア首相辞任でも国債に買い

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP