米企業、減税で好決算ラッシュの期待 株価さらに10%高の予測も

2018年7~9月期(3Q)の米企業決算発表シーズンが12日のJPモルガン・チェースやシティ・グループ、ウェルズ・ファーゴなどを皮切りに本格化する。

ファクトセットの8日付のリポートによれば3Qの期間中にS&P500種株価指数は7.2%上昇したが、アナリストらはS&P500が今後1年間で10.5%上昇すると予測しているという。4日時点のS&P500指数のボトムアップの目標価格は3205.51で同日のS&P500指数の終値(2901.61)を10.5%上回る水準となっていた。

今回の決算では、相場のボラティリティの低下などを受けて金融セクターの業績が厳しいとみられる一方、原油などの資源価格の回復を背景にエネルギー関連は好調となりそう。前出のファクトセットのリポートでは目標株価が高いセクターは素材(+16.2%)、コミュニケーションサービス(+14.6%)などの順となっている。


QUICK FactSet WorkstationでS&P500の予想株価収益率(PER、2期先)を見ると現在は16.24倍で、S&P500指数が史上最高値圏にある割に年初の18倍台から大きく低下している。

トランプ政権の減税策などが寄与した状況で、既にアナリストの目標株価が高いことからも決算シーズンでの好業績ラッシュへの期待値の高さがうかがえる。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  2. 米株の強気継続を示唆する3枚のチャート 日本株の先行きも下支え

  3. ブラックスワン指数が1ヵ月ぶり低水準 不安一服、VIXも続落

  4. 相場格言に反して5月は4年連続で上昇 さて今年は……

  5. 日米欧で予想PERが急低下 株、割高感解消の見方も

  6. 【朝イチ便利帳】23日 MSOLが新規上場、アルファベット決算

  7. いまの株価は割高? PERチャートで「過熱度」を見ると……

  8. 地政学リスク以上にリスクオフ 原油が売られ金に買い

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP