歪みにくくなった?スキュー指数 S&P500と「連れ安」で5ヵ月ぶり低水準

9日の米国市場でスキュー指数が3日続落し、0.50%安の128.98で終えた。5月9日以来、5カ月ぶりの低水準となる。

スキュー指数は「ブラックスワン指数」とも呼ばれ、S&P500種株価指数を対象とするオプション取引でコールに対するプットの需要の強さを表すもの。スキュー指数が上昇した場合に相場の急変を示唆するわけだが、S&P500指数は8日に2862.08まで下げ、8月23日以来1カ月半ぶりの安値水準を付けたのに対し、スキュー指数は逆に下げている。

スキュー指数が今年の最高水準をつけたのは8月13日(159.03)で、その後もS&P500指数は史上最高値を更新し続けており、相場の急変を示唆するシグナルとしては機能しづらい状況となっている。(片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. スキュー指数が2カ月ぶり低水準、反動高に警戒か

  2. 「恐怖」「歪み」、こちらも捻じれ まだまだ落ち着かぬ米株式相場 

  3. 株高の陰で進む波乱への備え 低リスク株選好、「ゆがみ」も増幅

  4. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

  5. ブラックスワン指数が1カ月ぶり高水準 米金利上昇、VIXも高い 【US Dashboard】

  6. 「ブラックスワン指数」のスキュー指数3%高、VIXとかい離する傾向

  7. 原油また急落 WTIとS&P500の強い相関に警戒モード

  8. 米株高と金利高は持続か ビックリ王と新債券王の相場カン

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP