また好調な経済指標、米の長短金利差は拡大傾向

5日の米国市場で10年物国債利回りは前日比0.05%高い3.23%で終えた。金融政策の影響を受けやすい2年債利回りは0.01%の上昇にとどまり、米長短金利スプレッドは35bpに拡大した。

9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの打ち止めを織り込む形で、スプレッドは一旦縮小したが、その後発表された米サプライマネジメント協会(ISM)製造業指数や5日発表の米雇用統計などの経済指標は軒並み米景気の好調さを示す結果となった。

9月の米雇用統計で失業率は3.7%と1969年12月以来、48年9カ月ぶりの水準に低下した。非農業部門の雇用者数は13万4千人増と市場予想(18万5千人増)を下回ったが、過去2カ月分が上方修正されており、均してみれば堅調な状況が続いている。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  2. 米中間選挙、下院で民主が過半なら「金利が低下」 米投資家の見方、月次調査

  3. 米高配当銘柄から資金流出 長期金利3%超で魅力低下

  4. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

  5. そろそろ過熱?米労働市場 半世紀ぶり低水準の失業保険申請件数

  6. 貿易戦争に一喜一憂 誘惑の成長株か妙味の割安株か

  7. 米金利低下・ドル安じわり 強い雇用統計でもインフレ懸念高まらず

  8. VIX、一時3カ月半ぶり低水準 アップルと雇用統計で地合い改善

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP