新しいCEOで株上げ、昔からの課題で格下げ GEの期待と不安

2日の米株式市場で、エネルギーや金融などさまざまな分野で事業展開するゼネラル・エレクトリックが大幅上昇。前日比3%高まで上げる場面があった。日中取引の終値は2%高の12.32ドルだった。1日は一時16%高を演じており、連日の大幅上昇となった。

ジョン・フラナリー前最高経営責任者(CEO)の後を引き継ぐラリー・カルプ氏について、RBCキャピタル・マーケッツはリポートで「戦略的な視点と優れた経営手腕への投資家の信頼が株価を下支えする」と指摘。投資判断を「セクターパフォーム」から「アウトパフォーム」に、目標株価を13ドルから15ドルにそれぞれ引き上げ、買い材料視された。

一方で、S&Pグローバル・レーティングは2日、GEの長期信用格付けを「A」から「BBBプラス」に2段階引き下げた。電力部門での200億ドルを超える巨額の減損損失などを反映した。ムーディーズ・インベスターズ・サービスも格下げ方向で見直すという。(松下隆介)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  2. 【朝イチ便利帳】20日 6月の全国CPI、決算は東京製鉄や米GEなど

  3. 地政学リスク以上にリスクオフ 原油が売られ金に買い

  4. 「中国といえばCAT」のユウウツ 上海急落で関連銘柄に売り

  5. 聞きわけのないイタリア財政にダメ出し、ユーロにも売り

  6. 米長期金利、引け前の急上昇 仕掛人はリスク・パリティ・ファンド

  7. もう一つの「出口問題」 マイナンバーが高齢投資家に退場迫る?

  8. 米株高に「つれ高」し続ける地力はあるか 日本株を取り巻く一抹の不安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP