「27年ぶり」に待ち構えていたメガの売り 月間1254円の上昇、ラスト1分の失速

ドキュメント9.28 後場編

28日の日経平均株価は前日比323円30銭(1.36%)高い2万4120円04銭で引けた。9月の月間の上げ幅としては1254円となり2017年10月(1655円)以来、11カ月ぶりの大きさとなった。一時は年初来高値(2万4124円)を上回り27年ぶりの高値をうかがう場面もあった。「メガバンクからの売りが出ている」といった観測が聞かれた中、後場に入ると伸び悩んだ。27年ぶりの高値水準で戻り待ちの売りが出るなど強弱感の対立が鮮明になった1日。QUICKデリバティブズコメント、エクイティコメントの取材では以下のような声が聞かれた。

前場の動きをまとめた記事「高値と弱音 日経平均、すぐそこまで見えてきた27年ぶり水準」はこちらをご覧ください。

※28日の日経平均は後場に伸び悩んだ

12:30

日経平均はこの日のザラ場高値である2万4286円10銭で後場寄り

 

12:38

「後場のSQ値が飛んだ。ミスなのか実注文なのか?」(外国証券)

 

12:57

「相変わらず個人投資家は日経レバを売り越している。午前はおおむね買いに対して売りが1.2倍程度。とはいえ、一時に比べると売りと買いの差は大きくない。中長期目線の個人投資家が売りを出している一方、高値警戒感はあるものの短期的に相場上昇を睨んだ買いも入っているとみられる。このほか店内の動向をみると、出遅れているマザーズ銘柄の一角に買いを入れる向きがある」(ネット証券)

 

13:11

「当社の戦略は変わらずで、内株は少し弱め、外株は少し強めとなっています。来年3月末の予想値を1000円以上超え、短期戦略も中心値よりも低めなので、完全にこの相場についていけてません。海外発の要因で需給的に下がったところは買いチャンスと言っていましたけど、実際に下がる局面があってもスルーしていることが多いですし・・・。米国経済がピークアウトすれば円高となり、日本株は米株よりも更にやられる懸念があるので、なかなか強気になれないですね。買わない理由は、米国の独走が続かないという見方が変化しないためです。やはり金利上昇によるコストアップで、米国経済はピークアウトに向かうという見方をしているので。仮にそれが顕在化したとしても、その前に相当上がったらどないすんねんって個人的には思ってますけど、今更変えられないんでしょうね。個人的には、『年金が戦略を修正したら相場は終了するでしょうけど、それまでは強いんじゃないですか』って思ってます。もちろん、そんなことを社内では口が裂けても言えませんが」(信託銀行)

 

13:41

「きのうはメガバンクからの売りが株価の重荷になっていましたが、きょうも午後から売りが出ているようです。先物の動きが重なって分かりにくくなっていますが、一方では米系の投資家が日本株を買う動きもチラホラあるようですね」(市場関係者)

 

14:05

「複数のブローカーの動向を聞くと海外勢は買い越しのようです。この所の海外勢の動きからするともう少し上値に期待しても良いのではないでしょうか。きょうはメガバンクの売り観測が出ていますが、ETFなどの売りは前場から見えていたようですよ。昼から上げ幅を縮めたのは仕掛け売りでも出たのではないでしょうか」(投資顧問)

 

14:59

日経平均は2万4132円17銭。この時点では年初来高値をわずかに上回っていたが、大引けにかけて力尽きた。

※QUICKデリバティブズコメント、エクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物・現物株を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。

関連記事

  1. ●●●●●●●で「初日」待ちわびる日経平均 買い手もカタリストも不在

  2. 弱気2万円vs強気2万7000円 2019年の日経平均、各社こう読む

  3. 結果は想定内、気になるのは「トランプの次の想定外」 市場が見た審判の日

  4. 日経平均、「5日」を超え 目指すか2万2000円台

  5. 過去50年の歴史が語る「米国株はピークアウト」 兆しは消費者信頼感指数にあった

  6. 日経平均1000円安のデジャブ それでも「2月と違う」理由

  7. こちらの土台中の土台は 2万4000円台の値固めを支える「積極的な売り手」不在

  8. 高値と弱音 日経平均、すぐそこまで見えてきた27年ぶり水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP