トップライン◎ 生産ライン△ 米中摩擦、米CEOの景況感に透けるリスク

米有力企業の最高経営責任者(CEO)で構成する経済団体ビジネス・ラウンドテーブルが25日発表した7~9月期の景況感調査によると、経営者が米景気の先行きをどう見ているかを示す指数は109.3となった。前の四半期(111.1)から低下したものの、過去16年間の調査において5番目に高い水準。米中間の貿易摩擦は悪化の一途をたどっているが、「米国の経営者は依然として国内景気に対して強い確信を抱いており、今後数か月も雇用の拡大と設備投資を進める」(同会の会長でJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者)という。

内訳を見ると、雇用と設備投資はの指数はやや低下したものの売上高見通しの指数は上昇した。2018年の米国内総生産(GDP)の伸び率予想については前回予想から0.1ポイント切り上がり2.8%となった。

貿易問題に対して決して楽観視しているわけではない。今回の特別質問では高関税が今後の設備投資計画へ及ぼす影響を聞いた。約3分の2が「今後6カ月間の企業の設備投資の決定に悪影響を及ぼす」と回答したという。(岩切清司)

■米CEO景況感指数と米GDP(前期比年率換算)の比較チャート(米ビジネス・ラウンドテーブルより) 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. CEOもOECDもCONTAINERも 灯り始めた景気後退シグナル

  2. やはり始まった? 中国の米国債売り 貿易戦争は金融摩擦のステージへ

  3. 株、海外勢が先物中心に買い越し 8月第5週

  4. 米中貿易問題が重い銅と大豆、銅と大豆で重たい米長期金利

  5. 軟調な銅相場 VS 底堅い海運市況 米中摩擦みる物差し、正しいのは

  6. NT倍率が歴史的な高水準 通商摩擦懸念で透ける防御の心理

  7. 貿易摩擦と橋龍発言 米国債について回る「売りたい衝動」 

  8. 中国、過去数週間で米国債の買い入れを停止か

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP