相場転換点の「サインはVI」 日経平均、上昇基調入りも

大和証券は、今週18日の株式相場で日経平均株価と日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が同時に大きく上昇したのを受けて「相場の転換点を示唆している可能性がある」と指摘したリポートを公表した。

この日の上昇率は日経平均が1.41%で日経VIが3.54%だった。鈴木政博シニアクォンツアナリストは「日経平均の1%超の上昇とVIの3.5%以上の上昇が同時に起きる現象が、アベノミクス初期段階の2012年10月~13年4月に頻繁にみられた」と説明。鈴木氏は「あくまで過去の傾向」と前置きしつつ、09年以降で日経平均とVIの大幅な同時上昇は38回あり、その日から20営業日後の日経平均をみると上昇が32回、下落が6回で、平均の上昇率は+3.8%に達すると解説している。単純に今の株価に当てはめると、おおむね1カ月後に2万4300円ぐらいの水準が期待できる計算だ。

※赤ラインは日経平均の上昇率が1%超でかつ日経VIも3.5%超の上昇となった日

QUICK端末で日経平均が1%上昇かつVIが3.5%上昇した日を調べると、18日以前では2017年の11月1日が該当した。この日から20営業日後にあたる12月1日の日経平均は11月1日より1.7%高かった。(中山桂一)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 過去50年の歴史が語る「米国株はピークアウト」 兆しは消費者信頼感指数にあった

  2. 日経平均1000円安のデジャブ それでも「2月と違う」理由

  3. こちらの土台中の土台は 2万4000円台の値固めを支える「積極的な売り手」不在

  4. 「27年ぶり」に待ち構えていたメガの売り 月間1254円の上昇、ラスト1分の失速

  5. 高値と弱音 日経平均、すぐそこまで見えてきた27年ぶり水準

  6. 世界の利上げブームと一線 日本株、海外マネーが導く年初来高値

  7. 日経平均は乱高下 市場はこう見た安倍3選の「来し方行く末」

  8. 4日で1000円↗ 日経平均、年初来高値が視野に 海外勢と個人どう動いた

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP